i読書


概要


『i読書』はシンプルな青空文庫リーダーです。
作者名別、作品名別の一覧から青空文庫作品をダウンロードし、iPhone/iPadに保存して読むことができます。

アプリ名i読書(あいどくしょ)
ジャンル電子書籍
価格無料
URLスキームidokusho:
※ランチャー起動のみ
ダウンロード

使い方(My 本棚)


使い方(テキストリーダー)


サポート情報


更新履歴

20 件のコメント:

  1. Can you add URL scheme support into your app?

    返信削除
  2. artysx さん

    すみません、日本語で回答します。
    「i読書」にURLスキームを設定しようと思います。
    現在、次のバージョンの審査中のため、次の次のバージョンで対応します。

    返信削除
  3. iPad mini ratina で使用し始めました。
    書籍のように読めて満足しています。
    txtファイルをdropboxからインポートしたのですが、インポートしたファイルがあるとフォルダの選択で落ちてしまいます。
    落ちないようにできないでしょうか。
    また、インポートファイルも最近使用した項目に表示して欲しいです。

    返信削除
    返信
    1. kkk さま

      ご不便をお掛けしまして申し訳ございません。
      フォルダー選択で落ちる不具合は次回のアップデートで修正いたします。
      最近読んだ本のところにインポートファイルを表示する件につきましては、対応可能か検討の上、すぐに対応できそうであればこちらも次回アップデートに含めようと思います。

      削除
    2. yasuhiro様

      対応を頂きまして、ありがとうございました。
      便利に使わせて頂いており、大変感謝しております。
      今後とも、よろしくお願いいたします。

      削除
    3. アプリを快適に使わせて頂いています。
      ありがとうございます。

      とあるファイルtetファイルをインポートしたところ、
      ある区間でファイル内が飛んでしまい、正しくインポートされません。
      改行と----といった記号が良くないのか、真中がすっぽりと抜けてしまいます。
      できましたらご確認をお願いいたします。

      飛んでしまうテキストは以下です。



      ~音も無く突き進んでいった。

      --------------------------------------------------------------------------------

       照れたように笑った。~

      ~緑の星がまたたくのが見えた。


      --------------------------------------------------------------------------------

       仮想のエレベータは、~

      削除
    4. kkk さま
      アプリのご利用ありがとうございます。

      さて、「-----」という記号で挟まれた区間が抜ける件についてですが、青空文庫のtxtファイルには、本文の冒頭にファイルに関する説明が書かれていまして、その説明は「-----」で挟んで記述するルールになっています。

      i読書では、本文の冒頭の説明を削除するために、「-----」で挟まれた区間を最初の1度だけ取り除くようにしています。
      「-----」で文章を挟むと削除されてしまいますので、別の記号をご使用ください。

      削除
    5. yasuhiro様

      ご連絡ありがとうございます。

      別の記号で使用したいと思います。

      削除
  4. いつも便利に使わせて頂いており、大変感謝しております。
    zip形式のファイルをインポートしても、「未対応のファイルです」と出てしまい、読むことが出来ません。
    zipの中身は、「txt」「png」のみを圧縮しています。
    dropboxから、このアプリで開く→i読書で開く、という手順で行っております。
    解決方法をご教授頂ければ幸いです。

    返信削除
    返信
    1. 山田さま

      ご不便をお掛けしまして申し訳ございません。
      zipファイルが開けない事象は何件か報告されていますが、根本的な解決には至っていない状況です。
      お手数をお掛けしますが、まずは以下をお試しいただけますでしょうか。
      ・zipファイル自身やzipファイルの中身のファイル名が半角文字のみとなっているか確認する。
       →ファイル名に日本語などのいわゆる全角文字を使用している場合、ファイルの解凍に失敗することがあります。
      ・txtファイルの文字コードがShift-JISとなっているか確認する。
       →i読書では、インポートファイルはShift-JISを前提としているので、他のエンコーディングの場合は、ファイルを開けないことがあります。
      ・zipファイルの中身にフォルダを含んでいないことを確認する。
       →zipファイルにフォルダを含んでいても良いはずですが、ファイルのみにすることで解決するかもしれません。
      ・zip圧縮ソフトウェアを別のものに変更する。
       →ソフトウェアの相性が原因かもしれませんので、圧縮ソフトウェアを変更すると解決するかもしれません。

      削除
    2. yasuhiro様

      早速の返信ありがとうございます。
      中身のファイルを全て半角にしてみましたところ、zipファイルを読み込むことが出来るようになりました!
      ちなみに、zipファイル自身は全角でも読み込んでくれました。
      迅速な対応を頂きまして、ありがとうございました。

      削除
    3. 山田さま

      ご報告ありがとうございます。
      お手数をお掛けしてしまいましたが、解決出来たようでよかったです。
      今後ともi読書をよろしくお願いします。

      削除
  5. 読書が手軽にできてデザインまでカスタムでき大満足のアプリです。
    ただ、iPhoneとiPadで併用する際、しおりを同期にチェックを入れても同期されません……。
    書類等の同期がiCloud→iCloud Driveに変わってしまった事と関係あるのでしょうか。無知ゆえ解釈違いでしたら申し訳ありませんが、こちらのアプリをもっと楽しみたいので対応して下さると嬉しいです。

    返信削除
    返信
    1. 返信が遅くなってしまいまして申し訳ございません。

      iCloudでのしおり同期ができない問題が何件か報告されていまして、修正を検討しております。
      少々時間がかかると思いますので、対応まで今しばらくお待ちください。

      削除
  6. txtファイル内に挿絵(例: xxx.png)を表示させる場合の記入方法を教えて下さい。
    以下の方法では表示されませんでした。

    [#挿絵 xxx.png]

    返信削除
    返信
    1. 挿絵は、青空文庫の記法で指定できます。
      詳細は青空文庫の公式サイト(http://www.aozora.gr.jp/annotation/graphics.html)を参照していただきたいのですが、以下の記法で挿絵を挿入できます。

      [#挿絵(xxx.png)入る]

      注意点は次の4つです。
      - 全角かっこで画像ファイル名を囲む
      - かっこの後には「入る」をつける
      - 画像ファイルの名前に使用できる文字は、半角アルファベット(a〜z、A〜Z)と半角数字(0〜9)とアンダースコア(_)
      - 画像ファイルの拡張子は小文字で「.png」

      なお、かっこの前の「挿絵」は必須ではありません。

      削除
  7. http://www.aozora.gr.jp/gaiji_chuki/gaiji_chuki.pdf
    この中で、哪吒の哪が表示されませんでした。

    Page Oneでは、
    ※[#「口+那」の「二」に代えて「はみ出た横棒二本」、U+54EA、204-上-19]※[#「咤-宀」、第3水準1-14-85]
    で正しく表示出来てる様に見えたのですが・・・

    返信削除
  8. iOS8.1.2のiPad Airで使用させていただいております。
    インポートファイルを選択すると、選択した瞬間に落ちてしまい、開くことが出来ません。

    何卒ご対応よろしくお願いいたします。

    返信削除
  9. 「あのときの王子くん」はないのでしょうか。

    返信削除
  10. 作品の中に外字が※とだけ書かれていて外字が表示されない箇所があるのですが、修正してもらえないでしょうか。
    ◇外字が表示されない箇所がある作品
    ・魯迅-阿Q正伝
    ・尾崎紅葉-金色夜叉
    ・魏徴-隋書倭国伝
    ・梶井基次郎-檸檬(新字新仮名)
    ・梶井基次郎-闇への書

    返信削除